英語は言語です。
本来、勉強して日本語に変換して考えるものではありません。
英語は英語。
そのまま受け入れられるようになれば、自然と身についていきます。

イメージをお伝えいたします。

英語が勉強になる前の子供たち

Yuta
あの子とお友達になりたいな~
Yuta
よし、声をかけてみよう
Yuta
こんにちは!
・・・? Hello!!
Emma
Yuta
Hello!! I'm Yuta.
Hi, Yuta! I'm Emma.
Emma
Yuta
Do you like Hide and Seek? Let's play! Join us!!
Oh, I don't know it. Could you tell me about it?
Emma
Yuta
Of course!! Let's go together overthere!!
OK!! Let's go!!
Emma

 

英語が勉強になってからの考え方

Yuta
あの子とお友達になりたいな~
Yuta
よし、声をかけてみよう
Yuta
こんにちは!
・・・? Hello!!
Emma
Yuta
あ・・・英語。。。えーと・・・
???Are you OK??
Emma
Yuta
あ、I'm OK!!  Hello, My name is Yuta.
Hi. I'm Emma.
Emma
Yuta
えーと、次の挨拶は…Nice to meet you.
Me too. So, what do you do ?
Emma
Yuta
何しているの?だから…I play、じゃない、I'm playing Hide and Seek with my friends.
Sounds good!
Emma
Yuta
???いいねってことかな?だから、一緒にやろうよ、は。。。Shall we play it?かな?あってるかな?
Sure! Let's go right now!!
Emma
Yuta
良かった通じた!OK!!Let's go!!

壁を作ってしまう前に。

一番の抵抗となるのは、うまく喋れていない、通じていないと思ってしまう心の壁にあります。

私達が普段日本語で話しているときも、聞き取れなくて聞き返すことは結構ありますよね。

でも英語のときはそれが出来ない。なぜでしょうか?

それは、『私は英語が苦手、だから聞き取れないのは私が悪い』と思ってしまっているからです。

間違った『心の壁』を作り出してしまう前に、英語を当たり前の言語にすることが一番大事です。

壁を感じる画像

 

壁が出来ていても大丈夫。ご安心ください。

すでに抵抗を感じているお子様でもご安心ください。

壁は崩せます。

そのために私達、LISPICHの講師たちがいます。

英語を日本語と同じ感覚で扱えるようになること。

英語で話すことが当たり前の人に変わっていく。

そのために、私達がしっかりと向き合っていきます。

壁を壊す画像

© 2021 LISPICH(リスピッチ)|大阪・天王寺の英会話教室